『アユターレ』へは、活動に興味ある本人からだけでなく、家族からの問い合わせも多いです。
  ”息子(娘)にもフットサルに参加させたいんだけどどうしたらいいだろうか?”
  ”子供がひきこもっているのだが、スポーツをしたり、友達を作ってもらいたい”
  ”不登校の子供に外出の機会を与えたいのだが・・・” などといった問い合わせがあります。
 ひきこもりや不登校の当事者の仲間づくりの場を作りたいと思い、悩みなどを話したり、雑談する機会を提供しています。
 ”リカバリースポット(Recovery Spot)”と名づけ、2011年4月から実施しています。当事者や家族、支援者や学生など様々な人達が参加してます。

   
  


次回日程
  「HOME」のページで確認ください。

掲載記事
・2010/05/13 十勝毎日新聞 『ひきこもりの経験生かす』
・2011/04/19 北海道新聞  『語り合おう ひきこもりの悩み』
・2011/05/06 十勝毎日新聞 『リカバリースポット 始動』
・2011/06/05 北海道新聞  『出会いが解決の一歩』
・2011/10/07 十勝毎日新聞 『ひきこもりの経験振り返る』
・2011/11/13 北海道新聞  『ひきこもり 悩み共有を』

よくある質問
Q:どんなことをするのですか?
 →特に決まったプログラムはありません。雑談して過ごすことが多いです。
  ただし、顔なじみが多かったり初参加者が少ない場合、”当事者研究”を行っていることもあります。
  ノートが用意してあり、そこに自己紹介などを書き込みます。もちろん何も書かなくても構いません。
  それを読むことでどんな人が来てるのか知ることができます。
Q:どんな人たちが何人くらい来るのですか?
 →日によって人数は違いますが、10名ほどです。
  ひきこもり当事者の他は、支援者や家族の方が多いです。友達などを誘って参加する人もいます。
Q:予約は必要ですか?
 →予約は必要ありません。直接、会場へお越しください。
Q:途中で帰ってもいいですか?
 →途中参加・途中退室OKです。毎回途中参加・退室する人がいます。



参加者の声
(準備中)


協力団体
はるにれの会  
NPO法人 レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク


リカバリースポットに関するお問い合わせは
      0155-20-5400 (おおえメンタルクリニックゆう、酒井)まで